カレンダー

1
水村喜一郎展 ~絵を描くことは生きること~
第8回水上文学の風景写真展作品募集
第8回水上文学の風景写真展作品募集
7月 1 – 8月 31 全日
第8回水上文学の風景写真展作品募集
応募方法 ■出品 応募するときは、必ず規定の応募用紙をご使用ください。また、応募規定をご確認ください。  募集要項[218 KB]   応募規定[163 KB] 下記の用紙(PDF)をダウンロードし、内容を記入の上、郵送をお願いいたします。 作品説明用紙[84 KB] ■締め切り 応募期間は、2017年7月1日(土) ~ 8月31日(木)(消印有効)まで。 必ず郵送で応募してください(メール便可)。 ■応募先・お問合せ 若州一滴文庫 〒919-2116 福井県大飯郡おおい町岡田33-2-1 Tel:0770-77-2445 Fax:0770-77-2366
2
3
4
5
6
7
8
9
竹紙漉き体験教室 11時00分
竹紙漉き体験教室
7月 9 @ 11時00分
竹紙漉き体験教室 @ 庭園内竹紙工房
竹紙の作り方 竹から紙をつくる「竹紙漉き体験」は若竹を材料とします。よく乾燥した竹の皮を薪で煮て水にさらし、木槌で叩いて繊維をほぐしたものを、溜漉きという方法で漉きます。 風と太陽で自然乾燥してできあがり。ふんわりした温かい風合いの葉書を作ります。 5月末頃の若竹の節を除き、一年以上水に漬けて寝かせたものを取り出します。若竹のゴミを取り除きながら、よく洗います。 ソーダ灰(炭酸ナトリウム)を加え、柔らかくなるまで煮た後、水にさらしアクを取り除きます。 石臼で叩き繊維を取り出すと餅状になります。 出来上がった竹餅を水の中でよくかき混ぜて、漉き枠で漉き取ります。 天日に干して乾かします。 よく乾燥したら網と紙の間にヘラを差し込んで紙をはがします。うまくはがれたら竹紙の完成です。 定員 先着10名 備考 汚れてもいい服装でご参加ください。 体験教室の参加費は、入館料を含みません。別途入館料が必要です。 予定日以外で体験をご希望の方は、若州一滴文庫まで事前にご連絡ください。 若州一滴文庫 Tel:0770-77-2445
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
このページの先頭へ