桜のこと

2015年4月20日

 文庫の庭の木々にはそれぞれ云われがあるそうですが、知っているのはわずかしかありません。閑話一滴という本の中にも書かれていますが、その中の「八重桜の話」で書かれている「楊貴妃」という桜のことが、先日話題になりました。すでに枯れてしまってないですよとお教えしましたが、本を読んであるものと思われていたようで、残念そうでした。
 この桜は、水木先生と一緒に2回引っ越しして、一滴文庫で花を咲かせたのが最後となったようです。
 写真は我が家の楊貴妃桜ですが、4年めにしてようやくここまで花を咲かせてくれました。文庫でのその姿、見てみたかったです。(u)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です