イチョウ

2014年11月22日

 色づいたらあっという間に散ってしまいました。一面の黄色いじゅうたん、寝転んでみたい気もしますが、さて、どう処理しますか。このまま腐らせて腐葉土にすればいいと言う人もいますが、そうするとあたりが汚くなり、あとは一面雑草だらけ、だれが草取りしているとお思いですかね。ではと、庭のプロに相談、わずかに生えていた苔が一面を覆うようにすればいいとのこと。昨年はすべて掃いて捨てました。ご指導のとおり、苔が育ち雑草も少なくなりました。見た目もきれいになりました。上を見れば枯れ木のよう、もう少し待って今年も掃いて捨てましょう。ほんとは、半分くらいから伐ってしまいたいのですが、何かの記念樹のようで二の足を踏んでいるんです。銀杏が生るのに植え替える案も、くさい、かぶれるで却下されています。いつかは伐ってやります。(u)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です