どちらにしても

2014年8月25日

 自然の営みがどんどん壊されていきますが、文庫ではまだまだ自然の営みが繰り広げられています。クモの巣に引っかかるセミはたまに見かけますが、カマキリにつかまっているのは初めて見ました。人間でも素手ではなかなか捕まえられないものを、カマキリが木に止まっているセミを見事に捕まえたようです。セミの立場とカマキリの立場、どちらにその身を置くのか、置いたからどうなのか、そんな議論は人間がするだけですが、人間界もなんだか厳しくなったとやけに感じる今日このごろです。(u)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です