たのみは

2014年8月23日

 不自然な動きはどこかに負担がくるもので、潤滑油が切れた機械のように体全体の動きが鈍ってきています。
 こんなときは、文庫の梅のエキスを注入するのが一番なんですが、文庫の梅の木も年老いたせいか、あまり実をつけなくなって、おすそ分けもなくなり、瓶は空っぽです。あとの頼みはカリンだけなんですが、うれしいことに、今年は五つも実をつけていました。楽しみだけを支えに秋の実りを待つことにします。心身とも今年は厳しい夏となりました。(u)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です