わが良き友人たち

2014年6月29日

 都会の喧騒が懐かしくなり、旧友のもとへおじゃましてきました。単に飲みに行ったまでのことですが、偶然の出会いもあり、良き日を過ごすことができました。仕事を変わると、その時の人との付き合いも終わりになりそうですが、今でも変わらぬ付き合いと何かあると呼んでくれる仲間はかけがえのないものです。また、一緒に仕事をした期間がわずかな先輩や後輩が、名前を憶えていてくれるのもうれしいものです。お叱りは覚悟で、一滴文庫より大切かも知れません。気持ちも晴れやかに、アンネのバラがひと際鮮やかに見えます。(u)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です