キャッチコピー

2014年6月23日

 この二日間、熱気に包まれた文庫でしたが、本日ようやく一息つけた気分です。少しゆったりとした時間を過ごし、抱えていた業務に改めて頭をふり直していました。と、そんなだらけ気味な一日でしたが、仕事は着実に進んでいます。今年は県内の関係機関と協力して「水上勉没後10年」という大きな山(テーマ)を昇る予定ですが、そのパンフレットもようやく印刷会社に入稿。頂きが見えてきました。しかし、最後の最後までキャッチコピーは本当にこれで良かったのかな? と疑問が頭をよぎります。やはり、皆さまの心をガッチリつかむためには大切な一文です。これまで、人類史上一番キャッチコピー〈?〉をつけるのが上手かったと自分が思う人は、やはりアダムさん(創世期のね)ではないでしょうか? だって、神様が次々につれてくる動物に、かたっぱしから名前を付けていったんですからね。あやかりたいものです(笑)。(S)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です