梅を植えましょう。

2014年3月12日

 新しい芽をつけて、空へ向かって伸びてゆく木々に春の訪れを感じる一方で、その枝先が年々寂しくなってゆく木々にも春の訪れを感じてしまいます。特に、文庫に恵をもたらせてくれる梅の木にその老いが目立ちます。そろそろ新しい梅の木を植えようかと思案すれども思い切れず、何年目かの春を迎えています。
 梅ジュースに最適なおいしい実がたくさんなる木との要望ですが、売っている植木、花の写真を見ると目移りばかり、いっそのこと全部植えてやりましょうか。(u)
  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です