文豪の風景

2014年3月3日

 文豪という文字に引き寄せられて手にとって見ると、ありました、「22水上勉」の文字が。そして買ってしまいました。その場で読んでしまえば済むのでしょうが、風景はそうはいきません。水上勉を始め36人の風景、本を片手に旅をしたくなります。まずはゆっくり本での旅を始めますか。
  水上文学の風景写真展、この本より先んずること4年、ゆくゆくは本にまとめてみたいものです。(u)

コメント

  • 水上勉の紀行記によく松尾寺が出てきますよね。
    今年は舞鶴から松尾寺に行こうと思っています。
    余裕があれば、また一滴文庫に寄りたいと思っています。

    2014年3月5日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です