「島田正治講演会」

2013年5月20日

今日は、一日快晴のよいお天気でした。
昨日、一滴文庫くるま椅子劇場で、開催中の「島田正治展」を記念して「島田正治講演会」を行ないました。講演会には沢山のお客様がお越しになり、とても賑やかで温かなものとなりました。お客様の中に、東京から島田正治講演会を聞きに駆けつけてくれたメキシコ人夫婦の方もいて、講演会は国際的なものとなりました。島田正治氏の誰のマネでもない墨絵を描く姿勢は厳しいですが、人を思いやる優しさは人一倍で、講演会からも伝わってきました。水上勉も、そんな島田正治氏が描いた墨絵から何かを感じとったのかもしれません。くるま椅子劇場での講演会の後、お客様には六角道(喫茶)で休憩をとってもらい、サボテンアイスクリーム(ノパル)を召し上がってもらいました。その後、本館の「島田正治展」会場で、作品を前に島田正治先生に作品について語っていただきました。異国メキシコと、墨絵の世界を楽しむことができた素晴らしい講演会でした。(T)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です