昼は人つくり、夜は神つくる

2013年4月29日

 先週のことですが、一滴の休館日とプラスで月曜日にお休みをいただき連休と浮かれていましたが、実際は休みをもらっても何もやることすらない自身の哀しい現状を見つめ直すことになる休日×2だな…と悲観しておりました。そんな何もすることがない一日は、もちろん近くのCaféに逃げ込んで、半日読書に明け暮れるに限るとばかりに、いつものCaféフロッカスさんにプラプラと行っておりました。そうすると、町内在住のある方から古墳についての話しを聞きたいとの依頼を受けてしまい、急遽、哲学Caféならぬ歴史Caféをフロッカスさんで開催してしまいました。
 その方は、古墳に関する本を購入したがよくわからないと、購入された本を見せてくれました。その本の表紙には、有名な箸墓古墳(卑弥呼の墓ではないかといわれている古墳です)が掲載されていました。小生にとりましても、大変懐かしいその写真をみて「そうそう、この古墳は『昼は人つくり、夜は神つくる』といわれたヤマトトモモソヒメノミコトの墓ですね。」という日本書紀の言葉がとっさに口を出て、そこから二日間に亘る歴史Caféの開催です。そういえば、おおい町内には佐分利川沿いの各集落ごとに古墳が点在していたな~と思い、その内一つ一つ見てまわろうかと心密かに思っておりましたが、その方とは、とりあえず時期をみてキノコの森のなかに所在して中まで見ることができる古墳を一緒に見学することを約束して、とりあえず第一回のフロッカス歴史Caféは終了しました。もし、この一滴徒然をご覧になって興味をもたれた方がいましたら、今度是非一緒に古墳見学に参加してみませんか?なぜ、古墳は『昼は人つくり、夜は神つくる』のか、実物(といっても、箸墓古墳を見学しに行くわけではなく、おおい町内の古墳を見学に行くだけですが…)を見てみると分かるかもしれませんよ。(S)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です