花の名前

2013年3月25日

 暖かくなるにつれ、文庫の庭の彩りとともに増えるのが、花の名前を聞かれることです。花の季節にようやく覚えた名前が、花が終わりひと冬越すと、記憶の底に沈んでしまい、なかなか引き上げられないのです。長く働いているからといっても、花とは無縁の者に覚えろとは厳しいことです。この季節、黄色い花だけでも4つ咲いています。名前だけならまだしも科の名前まで聞かれた日にはもうだめです。「きれいですね。」と名前など気にせず愛でてほしいと思うのですが。
 早春に黄色い花が多いのは虫に嫌われない色だからだとか。嫌われてもいいから色だけでも変えてほしいものです。(u)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です