「大村彦次郎」講演会

2013年2月24日

 昨日、福井県立図書館文書館の開館十周年を記念して開催された「大村彦次郎講演会」を聴きに行ってきました。その講演会ことが今日の福井新聞と日刊県民福井にも大きく掲載されていました。大村彦次郎氏は元雑誌「群像」の編集長をしていた凄腕の編集者で、直木賞、芥川賞作家を幾人も世に送り出してきた方でした。もちろん直木賞を受賞した水上勉のことも鮮明に覚えていて、素晴らしい文士だったことを語ってくれました。
 さすが編集者だけあって水上勉のことも深く読み込んでいるなと関心しました。(T)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です