新年のために

2012年12月23日

  

 本日は朝からパッとしない天気となり、せっかくの連休が台無しな気分になりそうな一日となってしまいました。
 そんな凹み気味の一日でしたが、文庫では先日に引き続き新年を気持ちよく迎える為の準備で大忙しでした。
 本館や人形館では、落ち着いた『和』の空間を演出するような障子貼りの窓が数か所あり、一年の締めくくりに新しい障子紙の貼り替え作業に勤しむヒトコマが!なんだか、幼少のころに戻ったかのような気分で、古くなった障子紙をはがしていると「せっかくだから、この障子をはがす前に指でも突っ込んで、思いっきりストレス発散でもしてみようか。」との考えが頭をよぎりましたが、よくよく考えたら「文庫に来てからは、そんなに壊れてしまうほどのストレスも溜まってないな」ということに気が付き、まるでそんな考えすら思い付かなかったかのように、真面目に古い障子をはがす自分がそこにいました。ちなみに、最近の障子紙はアイロンで貼り付けることができるんですよ。皆さん知ってましたか?今日一番の驚きでした。(S)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です