善意の山

2012年12月21日

   

 先日の積雪もだいぶ解けて、外に出していたベンチに冷たいクッションが残るのみとなりました。来週になると、また寒波がやってきそうで怖いところではありますが、今週中にできることはやっておきたいですね。
 そんなこんなで、本日は近隣の木材屋さんから、六角堂のダルマストーブで焚きつける木切れを山のようにいただきました。これから六角堂のダルマストーブに木切れをくべるたびに、一滴文庫は多くの人たちの善意で運営していると思いだすことになりそうですね。もちろん、その他にも山のような善意をいただいているので、感謝ばかりの毎日です。(S)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です