さすがプロの業

2012年10月20日

   

 文庫の庭園では、常に人(職員)と自然(草木や雑草)との格闘が繰り広げられています。そんななかで、先日から剪定のプロに庭木の手入れをお願いしていますが……流石、プロの業!毬栗頭みたいな庭木が、みるまに見事な形を形成し、まるで別の草木を運んできたかのように様変わりしていました。このように、来週の帰雁忌にむけて園内大急ぎで整備中ですので、帰雁忌にご参加予定の皆さまはどうぞ庭園の草木にも目を向けて非日常の空間を楽しみにしていてください。(S)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です