夏の終わりを告げるカエル

2012年9月28日

   

 若州一滴文庫長屋門の看板を撮影してみました。あれ、看板の左上に緑の点が…?なんと、こんな所にカエルが鎮座しているじゃありませんか。ブンナではないでしょうが、その遠くを見つめる視線(思考)の先には何があるのか?こっちまで考えさせられてしまいます。
 しかし、門の横に身動き一つとらず居座るその姿は、狛犬ならぬ狛ガエルといったところでしょうか?噤んだ口元から伺えるその吽型は、夏の終わりを暗示しているようにも感じとれます。では、秋の始まりを暗示するような阿型が、きっと門の対岸に居るはず…と思って探してみましたが、発見には至りませんでした。(S)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です