図書

2012年9月23日

今日は朝から小雨降るお天気でした。
お昼過ぎに、大飯中学校1年生の女の子2人が、原発の防災資料を探しに文庫図書室を利用していました。学校から出された「命」というテーマの課題に、いま世間でも話題となっている原発の防災がどうなっているのかを知りたかったからだと話してくれました。写真はその後、六角堂(お休み処)で休憩していた所です。
水上勉先生が、「佐分利川辺の子らに」と開いた一滴文庫が役立っていると実感し、微笑ましく思えました。(T)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です