竹の節ぎ

2012年6月27日

                       
    文庫の庭は、伸びすぎた枝を切ったり、草を刈ったりする以外ほとんど自然まかせです。そのおかげでしょうか、面白いことやめずらしいことに遭遇することがあります。伸びすぎてうっとしくなったユキヤナギをさっぱりとしたところ、節が詰まった竹が出てきました。根元の節の間隔が狭い竹はありますが、詰まり過ぎて節がもこもこしたものや上下は普通に伸びているものは初めて見ました。出る杭は打たれるじゃないですが、どこかの世界を見るようです。どこまで伸びてくれるやら。(u)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です