新刊図書のご紹介

2012年5月24日

 

「春をさがそう」(2012年4月30日)「岩をたたくウサギ」(2012年4月25日)「海のおさかな大百科4」(2012年5月10日)の3冊を版元の新日本出版社よりご寄贈頂きました。
 一冊目の「春をさがそう」は、季節ゆたかな国。春がくると、自然はいろいろ変化します。そのようすを、注意してみて、記録しよう。教えてくれるのは、自然写真家の海野和男さん。美しい春の自然の写真でいっぱいのこの本をみたら、きっと自分でも自然観察にでかけたくなりますよ。自然をおいかけて季節ごとに刊行です。
 二冊目の「岩をたたくウサギ」は、「人の悪口をいうのはよくない」――サバンナの動物たちは、人の悪口をいったらその場で皮になってしまうと誓いあいました。でも、それはずるがしこいウサギのたくらみだったのです。ウサギは、動物たちが悪口を言うように、つぎつぎ作戦を考えます。ウサギはたくさんの皮を手に入れるのですが……。アフリカンアートな絵本。
 三冊目の「海のおさかな大百科4」は、日本の近海には「藻場」、「岩場」、「砂場」などの変化に富んだ環境が広がっています。藻場にくらすタツノオトシゴは海藻に巻きつき、岩場の穴に身をひそめるのはウツボ、ヒラメやアンコウは砂地で砂そっくりに擬態するのが得意。色も形もくらし方もバラエティー豊かな魚たちの生態を、藻場・岩場・砂場の環境ごとに紹介します。
 楽しい絵本を寄贈いただきました。3冊とも本館図書室ブンナの部屋にあります。お立寄りの際に是非ご一読下さい。(T)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です