馬酔木(アシビ ツツジ科)

2011年2月17日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

曇りがちなお天気でしたが雨も降らず、過ごし易い一日でした。
庭に生える蕾をいっぱいつけた馬酔木が、開花しはじめました。これから、この白い壺形の花が鈴生りになります。馬が酔う木と書くので、アルコールでも生成するのかと思っていたら、物の本によると、枝葉には有毒成分が含まれていて、煎じた葉は、殺虫剤として使われるとのことが書かれていました。見た目とは違った危険な植物ですね。(T)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です