新刊図書のご紹介「だまし世を生きる智恵」、「東君平のおはようどうわ(全5巻)」

2010年11月3日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

「東君平のおはようどうわ(全5巻)」(10年10月30日)と「だまし世を生きる智恵」(10年10月20日初版)を版元の新日本出版社よりご寄贈頂きました。

最初の「東君平のおはようどうわ(全5巻)」は、動物を主人公に、なんとなくほっとするお話しと、やさしいタッチの切り絵で構成されていて、毎日読んでもあきない本です。
1話が短いので、お父さんお母さんも忙しい今、子どもたちに心安まる時間を与えてくれるでしょう。

2点目の「だまし世を生きる智恵」は、テレビ・雑誌での運勢占いの人気は相変わらず、振り込め詐欺などの騙しの犯罪被害も増加がやみません。戦争も国民を騙して始められる世の中です。人はなぜ騙されるのでしょうか。「だまし」を科学する第一人者である著者(安斎育郎氏)が、身近な話題から騙し犯罪にあわないための考え方、手品などの騙しを楽しむ考え方を縦横にかたります。
著者の安斎育郎氏は、現在、立命館大学国際平和ミュージアム・名誉館長をされています。(T)

2点とも本館図書室ブンナの部屋にあります。お立ち寄りの際にぜひごらんください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です