新刊図書のご紹介『ハウラの赤い花』、『アリ・ハチのなかま』

2010年1月25日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

『ハウラの赤い花』―イラクの少女がねがったこと(2010年1月15日刊)、『アリ・ハチのなかま』-海野和男のワクワクむしずかん7(2010年1月20日刊)の児童書2点を版元の新日本出版社よりご寄贈いただきました。

最初の『ハウラの赤い花』は、1991年の湾岸戦争以来、イラクではガンや白血病の子どもたちがふえつづけ、劣化ウラン弾の放射線の影響が疑われています。そして、イラク戦争でも再び使用された劣化ウラン弾は戦争から6年経った今も多くの子ども達の体に害をもたらしています。
闘病中にハウラが描いた赤い花の絵に、NGOスタッフの佐藤真紀氏が文をそえています。絵本は、大人がまねいた戦争の愚かさを訴えていました。
また、日本人の善意と愛が募金となって、戦争の犠牲となった子どもたちに医療支援となって届いている事を知り、うれしくも思いました。世界でも先進国といわれる日本の役割は大きいです。

2冊目、『アリ・ハチのなかま』は、翅をもち、空を飛びまわるハチたち。地面を歩きまわる力持ちのアリたち。アリもハチも卵を産む女王と、世話をしたり、えさを集めたりする者に分かれます。仕事を分業し、家族的集団生活をしている昆虫たちです。その様子を美しい写真で紹介。アリとハチは体のつくりも生活も近い仲間ということがよくわかります。姿は似ているけれども仲間ではない、アブやハエなどのちがいもわかり易く紹介しています。


本館図書室ブンナの部屋にあります。お立ち寄りの際にぜひご一読ください。(T)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です