住処

2010年1月22日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

暖かな日が続き、このまま春に突入と思っていましたが、朝方は気温も下がり曇った空から霰が降ってきてパチパチと音を立てていました。こんな寒い日は六角堂の薪ストーブが一番。
縛った薪をほどくと、薪の間からカメムシとコオロギが現れました。冬場の住処のようです。
寒いのは人間と同じ様です。心を鬼にして薪ストーブにくべてやりました。南無阿弥陀

日当たりの好い処では、桜の開花や竹の子も見られるとの事を聞きました。春は近いようです。(T)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です