冬の空に

2008年1月20日

 山肌には先日の雪が残るものの、一滴の里は今のところ雪の無い冬です。「文庫の庭も冬の景色だなぁ」と、六角堂の屋根の上を見上げると(いつかもそんなことがありましたね)少し変わった形の雲が並んでいます。「(この前はエリンギだったけど・・)今度のは、明太子のよう」に見えました。「そうだ、今夜は、温かいご飯に明太子でいこう!」本欄で、個人の嗜好を述べて申し訳ありませんが、近頃、一番の関心事は「食」です。
 「あたたかい」といえば、文庫で一番あたたかい場所は、だるまストーブに薪がガンガン燃えている六角堂です。
 暖かい六角堂で、温かい「かけそば」「にしんそば」「しょうが湯」「よもぎ餅」「コーヒー」・・・はいかがですか?(N)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です