星の瞳

2008年1月30日

 立春にはまだ日がありますが、文庫のすぐ近くの畦に今年もオオイヌノフグリが咲きました。「星の瞳」という本来のイメージにふさわしい別名も付けてもらっているらしいのですが、この花が咲いているのを見つけると、心が洗われる気がします。最も春の訪れを感じさせてくれる花のひとつですね。(N)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です