雪解けの・・

2008年3月1日

 もう数十年も前のこと、駅の構内に貼られた「春の若狭」の観光案内ポスター(まだ若かった五木ひろしがモデルだったように思います)に書かれたコピーにいわく、『雪解けのコンチェルトがきこえる』とあり、望郷の念ひとしおだったことをおぼえています。
 やはり、花盛り、春爛漫のころよりも、むしろ春浅い三月頃の方が春を感じさせますね。
 六角堂に活けられた寒椿とマンサクが鮮やかですが、窓の外には雪が残っています。(N)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です