タイトル 新刊図書のご紹介『カワセミ』『アカショウビン』

2008年11月21日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

児童書『カワセミ』(2008年11月15日刊)と『アカショウビン』(2008年11月15日刊)を版元の新日本出版社よりご寄贈頂きました。

まず『カワセミ』は、著者の撮った迫力ある写真と情感豊かな文章でカワセミの生態を紹介した写真絵本です。

高麗川で見たエメラルドグリーン色のカワセミはどんな宝石よりも美しく、この鳥の写真が撮りたいと作者は初めて思ったそうです。

2冊目、『アカショウビン』も同じ著者の作品です。東南アジアから子育てのために日本に渡ってきたアカショウビンの生態を、北海道千歳の森で撮影したいきいきとした写真で紹介しています。

20年以上前に撮影したアカショウビンの写真ですが、この森では10年ぐらい前から、全く姿を見ることが出来なくなったそうです。東南アジアのほうに大きな変化があったのではと心配し、再びアカショウビンが帰ってくる事を願っているとつづられています。

2点とも本館図書室ブンナの部屋にあります。お立ち寄りの際にぜひご一読ください。(T)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です