デューイ

2009年1月23日

一滴徒然草画像  一滴徒然草画像

 昨日、「世界一有名な猫の全記録」と題したテレビ放送を見ました。アメリカのとある町の図書館で飼われ、町の人々にたくさんの奇跡を起こさせた猫の物語でした。今と同じように不況の波が押し寄せていた時代です。残念ながら、その猫は2年前に18歳でこの世を去りましたが、人間の歳で言うと90歳は越えていたそうです。
 新聞でも紹介されたことさえ知らず、昨日、たまたま見ていたチャンネルで知ったわけですが、人間でさえ忘れがちなことをこの猫が教えてくれていたことには驚き、感動をしました。
 「さあ、ここで夢や人生を拾って見ませんか。そして、その夢のひとしずくをこの里に落としてみませんか。」
 あらためて、この言葉の重みを感じ、この言葉のすばらしさを思い知らされました。負けてられません。
 昨年、「図書館ねこ デューイ」という本も出版され、また、映画化されることも決まったそうです。購入したい一冊、見たい一本です。
 以前文庫を訪れた白い猫、あれから見かけません。デューイにまではなれなかったようで。(U)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です