お声をかけていただいた皆さま! ありがとうございます

2020年11月30日

おおい町内にお住いの方は、お気づきのようですが…。

先日発刊されました『広報おおい』12月号に、小生の寄稿文が掲載されていました。内容は、今回の渡辺淳先生の企画展についての広報文なのですが、あんまり紹介じみた文章では面白味がないかと思って、ちょっと通常の紹介文とは異なるテイストにしてみました。すると、昨日は、色々な方から「読んだよ」とか「面白かった」とのご意見を多数いただくことができました。

毎度、拙い文章で申し訳ないのですが、それでも必死に“どうやったら読んでもらえるような内容になるのか”と考えております。人に文章をよんでもらうということは、非常に難しいことです。ここにいると、皆さん一滴に興味があったり、水上勉に興味があったり、渡辺淳に興味があったりとしますので、タイトルを見て小生の文章も読んでもらえます。でも、これが、何の関係もない文章だったら‥‥‥たぶん、読んでこれる人は激減でしょう。難しい問題です。「どうやったら」という考えは、一滴にいる以上、永遠に続いていくんでしょうね。

こりゃ、大変だ。(S)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です