文庫からの

2020年8月7日

本日、とある方からお電話をいただきました。その内容‥‥‥の前に! 先日、あるお手紙をいただき、それに返礼のお手紙と竹人形文楽のしおりを同封して送らせてもらいました。

すると、本日のお電話! という訳です(まどろっこしい書き方になりましたが)。で、その内容なのですが、「一滴文庫からお手紙が届くと、嬉しくて嬉しくて、文面何度も拝読させていただきました。本当に、一滴文庫からのお手紙だなんて、昔足しげく何度も通わせていただいた思い出がよみがえってくるようで」とのことでした。

そんなに喜んでもらえるとは思わずに、一滴通信やらお手紙やら、なんやらかんやら雑多に送付してしまいましたが、結果オーライだったのでしょうか。

ん~ん‥‥‥やっぱり、一滴文庫という名前のもつ力はすごいですね。改めて思い知りました。(S)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です