不慮の

2020年7月27日

不慮という言葉には、あまり良い印象を受けませんね。たぶん後ろにつくのは「事故」や「死」なんかが一般的ではないかと。

本日、そんなまさに不慮の出来事に遭遇してしまい、一日テンテコマイ状態でした。実際に、この不慮と遭遇したのは先日ですが、本日はその対応に追われる一日でした。昔、大学生の時分に先輩から「いつ何時も、何がおこるか分からないから、現場(発掘調査なんてしてましたもので)では絶対に気を抜かず、どんな不慮のことにも対応できるように心構えを…」なんて訓示をいただいていたりしましたが、そんな心構えができる範囲なんて「不慮」じゃありませんね。まったくの想定外! いや、想定することなど不可能な出来事が「不慮」なんですから。本日一日、「不慮」対応で、さすがの小生も呆然としておりました。さて、これからどうしよう…笑。(S)

*文章の最後に「笑」が付いていることを、お見逃しのないように!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です