喜びと不安と

2020年6月29日

早いもので6月も終わりです。県外移動も解禁され、一滴文庫にも県内外からほぼ毎日お客様が来て下さるようになりました。中にはこの徒然日記を読んでくださっている方もおられ「Kさんですか? Iさんですか?」なんて声をかけていただいたりもしました。私の文章は拙いものばかりですが、見ていただけているというのは非常に嬉しく思います。声をかけてくださった方をはじめ、文庫を訪れてくださった皆様に、この場を借りて改めてお礼を言わせていただきます。
一方で、東京では新規感染者が連日五十人を超えており、他の県や国でも再流行の話が聞かれるようになりました。不安ばかりが募りますが、せっかくこうして皆様にまた来ていただけるようになったのですから、移動規制や外出自粛といった悪い流れが再び来ないよう祈るばかりです。(I)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です