できれば拒否を

2020年2月7日

 ここ数日、取材対応やら、とある映像作成の立ち合いやら、なんだかメディア対応のお仕事のウェートが非常に大きくなってるように感じます。一滴文庫を取材していただくのは大変うれしいのですが、正直なところ、小生自体はあまりそういったものに映りたくない性分‥‥‥。

 一滴文庫のお仕事でも、できることなら勘弁してもらいたい事柄というものも‥‥‥やっぱり、ありますね。(S)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です