雑談力

2019年12月8日

 本日、大飯図書館で毎月実施している読書会サークルの課題本が水上勉著『小さな山の家にて』だったことから、一滴文庫の萱葺館を使って開催しよう! ということで、いつも一滴で行っている読書会とは、また違った読書会が開催されていました。いつもと違うメンバーで実施させる読書会…どんなものかと期待しておりましたが、皆さまなかなかに大人しい。あれ、毎月六角堂で実施されている読書会は、笑い声やら独演会風の声やらで大盛り上がりなんですが‥‥? と思ったら、やはり、皆さんそれぞれに思ったことはあるようで、ポツリポツリとご意見が少しづつ出てきます。それも、ご意見のなかには、こちらがハッとするようなものまで。「私たちの読書会は、いつも雑談程度のものですから」と、言われていましたが、その雑談から面白い一滴も充分に出てきてました。やっぱり、雑談って大切ですね。発送をインスピレーションして、そこからイノベーションする。革新の第一歩ですが、その過程において最も大事なのは、雑談なのかもしれませんね。(S)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です