将来のために

2019年8月30日

 ここ数ヶ月、様々な要因からちょっと手が足りていないなぁ~と、如実に感じることがあります。それは、お庭の清掃です。もちろん、「暑いので、ちょっと掃除は控えます」とか「どう考えても広すぎます。私たちの手に余るので、誰かやってください」なんてことではなく、ただ単純に「草が伸びるのが早すぎます!」ってことなんです。職員二人、朝も早くからエッチラホッチラと並んで草むしりしておりますが、振り返るともうそこには草が‥‥‥(って、本当に生えてきているわけではなく、気分の問題です)。まさに無常を感じるひとときです。

 現在、一滴で上映している水上先生の映像のなかのひとシーンで、先生が小僧さん時代を振り返って「このくらい(指で10㎝くらいを示して)草が伸びていると、和尚に怒られたものです。だから、毎日毎日竹小刀で草をひくんですね」と、言われていたことが頭をよぎります。

 水上少年が背負っていた苦労のほんのきれっぱしを追体験しておりますが、この経験が将来どのように花開くのか(現在40歳を超えた小生の将来とは‥‥‥)、今から楽しみです。(S)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です