物足りないのは、

2019年7月7日

 梅雨といえど、お客様も足を運んでくれますが、なにかもう一つ賑わいを感じません。この時期は、文庫の花といえば、わずかばかりの紫陽花ですが、花が少ないのは毎年のこと。では何か。そうです。昨年末から続いていた工事が終わり、業者の方々の出入りがなくなったんです。その残像が残っていたのでそう感じてしまったんです。でも、心配(?)いりません。収蔵庫の新築工事がまた始まります。工事の騒音は、お客様にとっては迷惑になるかもしれませんが、お許しください。(u)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です