好きなものを

2019年7月5日

 虚名の鎖、眼、薔薇海溝などの推理小説はありますかとの問い合わせがあると、なんだかうれしいのは、おそらく私だけでしょう。社会派推理小説家と言われたころの水上作品なんですが、唯一といっては叱られますが、私が好きなジャンルなんです。越前竹人形、はなれ瞽女おりん、ブンナよ木からおりてこいなどは、本を読まずとも、竹人形公演や一人語りで十二分に楽しませてもらっていますから。私が思うに、水上作品はどなたでも楽しめるということです。(u)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です