著書ん百冊

2019年5月18日

 たまぁ~に、ほんとにたまぁ~にある水上作品の問い合わせ。「〇〇という本はそこで読めますか」ならいいのですが、「こんな話の本」とか「どこどこの場所の本」とかでは、頭の中を検索しても、検索に引っかかるはずがありません。先日あった「さいづちの話」という本の問い合わせも、「さいづち」という言葉の意味自体がわかりません。水上文学に詳しい方にお聞きしながら、これだろうと思う本に行き当たりましたが、正しかったのかどうかわかりません。まもなく、水上勉生誕100年記念展が始まります。本の海におぼれそうです。(u)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です