里帰り

2019年5月3日

 庭の様子から、いるんだろうとは思っていましたが、久方ぶりにその姿を見せてくれました。ツツジの中に入ったのところ、一目見たさの方々に出口をふさがれ困っていました。身体も細く、毛の色も薄い、まだ子供のアナグマのようでした。住まいとしていた建物が改修工事に入り、今はどこで暮らしているのやら。庭の土を掘り起こし、歓迎されるものではありませんが、長い付き合い、気にはなります。(u)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です