思いはいまだ通じず

2019年1月14日

 今年はやっぱり暖冬なんでしょうか。マンサクの花が咲き始めました。細く黄色い花びらを伸ばして、春の匂いを嗅いでいるように見えます。長年酷使し、とうとう悲鳴を上げた膝のためにと、今冬の除雪対策には万全を期しましたが、とんと出番がありません。周りからは、残念ですねとなぐさめられますが、その顔が笑って見えるのはどうしてかしら。雨がそぼ降る冬よりは、雪が舞い散る冬の方が、文庫にはお似合いと思いませんか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です