かやぶき

2019年1月7日

 茅葺館の改修工事が、屋根の部分へと入りました。苔むして腐りかけていた部分が削り取られ、特にひどかった部分は萱が取り払われ、骨組みの改修が行われています。本格的な萱をふく作業など、テレビでしか見たことがないものですから、日に日に、らしくなっていく姿をじっくり楽しんでいきます。足場が取り払われたときに、その姿をお見せいたします。(u)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です