師走 その2

2018年12月7日

 まさに駆け抜けていく12月。恐ろしいくらいのスピードです。これは、気が付いたらいつの間にかお正月のお餅を食べている‥‥‥的なことになりそうですね。

 本年こそは「行く年来る年」をゆっくりと…なんて優雅な年末年始は、また今年も過ごせそうにありません。ここ数日の間に原稿の依頼を二つほどいただき、現在小生の頭はフル稼働中(オーバーヒート気味です)。来年の企画や、葺き替え後の茅葺き館の件、そして水上勉生誕百年関連事業(渡辺淳画集)などなど、今年中に目途を付けたいものが山盛りです。

 各事業に押しつぶされないように、残りの20日間をのらりくらりとやり過ごしたいものですが‥‥‥そんなに人生(一滴文庫)は、甘くないでしょう。(S)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です