帰雁忌の準備

2018年10月26日

    朝からお天気は快晴で気持ちのよい一日でした。
    明日は、若州一滴文庫の一大イベントの「帰雁忌」が行われます。今日はそのための準備でとても忙しかったです。白玉会(地元のお茶席教室)によるお抹茶席の設えや、記念講演の会場準備などで一日中バタバタしておりました。
    写真は水上勉先生の遺影に田主丸の柿を供えたところです。毎年、福岡一滴の会の方が帰雁忌に参加されるのですが、今年は都合がつかず欠席のためかわりに福岡県田主丸地方の見事な柿を送って下さりました。今年は若狭地方の柿が不作で文庫の庭にも柿が実らずこまっていました。誠にありがとうございます。水上先生も喜んでおられると思います。 

 くるま椅子劇場の玄関通路には「水上文学の風景写真展 第1回~第8回」までの最優秀賞、優秀賞が展示されています。一滴文庫にお越しの際には見ていってください。(T)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です