煙り煙る

2018年9月20日

 庭の木々の間から、白い煙が立ち上っています。ひるげの準備ではありません。竹紙漉き工房での作業の様子です。かまどに火を入れて、竹の皮を煮ているんです。ガスの火を使えば早いのですが、ここではずっとかまどの火なんです。出来上がる竹紙も自然の風合いを大切にしています。谷間に昇る煙は懐かしく、ほっこりとしますが、煙突が低いせいか風に乗って事務所へ流れ込んできます。でも、それもまた文庫のいいところ。たまにはいぶされて毒素をぬかれるのもいいかもしれません。(u)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です