一滴水記念館

2018年8月30日

 台湾から、無事に帰国しました。いや~、すごい熱気にあふれる国でした。と、いっても遊びに行ったわけではないので、観光地を巡る‥‥‥といった行動は、まったくといっていいほどなかったのが残念でしたが(横目で、博物館やら美術館を眺めていただけの数日間でした)。まぁ、それでも、なかなかできない体験をいっぱいさせていただきました。中でも、今回のメインである一滴水記念館(水上先生のお父さんが建てた古民家を、台湾に移築して記念館として活用しているものです)の視察は、時間は短かったのですが大変充実したものでした。今後、台湾と交流を持つうえで一滴水記念館を実際に見れたことは、大きなプラスになることは間違いないでしょう。

 さて、今回の出張の成果を数年以内には出さないといけないですね。やはり、観光による交流よりも文化による交流の方が、深くて濃いものになってくれるという私の勝手な信念(?)を、皆さんにも見ていただかないといけないですね。この鉄は、早く打てばかなりいい形になってくれるのではないかと期待半面、私自身の身体がもつかという不安半分な出張明けの徒然草でした。(S)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です