かき氷

2018年7月15日

 六角堂の片隅に追いやられていたかき氷機が、日の当たる場所へと移されていました。この暑さで、いよいよメニューに登場かと思いきや、飾る花がなく寂しいのでお出ましいただいたとのことでした。氷を削らなくなってどれくらい経つのか知りませんが、まだまだハンドルと刃は回ります。錆を落として油を差して刃を研いで、頭の中ではシャカシャカシャカと氷が削られています。(u)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です