竹人形文楽

2018年6月16日

 若州人形座公演の初日が終わりました。普段の静寂も文庫らしいのですが、人の声が響き渡るのもいいものです。公演の始まりとともに、文庫の庭に漏れ聞こえる曽根崎心中の音色。思わず耳をそばだててしまいます。明日は千秋楽、満員御礼で迎えます。(u)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です