氷柱

2018年1月29日

 軒先に並ぶツララ。こんなに見事なツララを見るのはひさしぶりです。瓦屋根に雨どいが取り付けられていると、ツララが下がる余地はありませんが、長屋門の事務所側にはそれがなく、ツララができる条件ができたため、ここまで大きくなったんです。1本頂戴したいのをぐっとこらえて、そのままにしていたら、昼過ぎには落ちて下の雪に刺さりました。もちろん、人に当たれば大変ですのでが、そんな場所では即座に落としますが、残念ながら、雪を楽しまれない人には見向きもされませんでした。ならば今度は思いを遂げますから。(u)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です