ナンジャモンジャの実色づく

2017年8月20日

 今日も残暑厳しい一日となりました。
 ナンジャモンジャの実は豊作でいっぱい生っています。陽当たりの良い所からだんだんと熟し、黒く色づいてきました。実の色づき具合を毎日見ているのですが、面白いことに実は果痕部(かこんぶ)の方からグラスに赤ワインを注ぐように黒くなっていきます。

 8月16日から「渡辺淳展~佐分利谷で~」が始まりましたが、その前の14日盆に渡辺淳先生はお亡くなりになられました。渡辺淳先生の生前を偲んで、連日大勢の渡辺ファンが来館されています。渡辺絵画を前に涙ぐむお客様を何人も目の当たりにしました。(T)

 ※果痕部…果実の蔓の付いていない方。柿で言う「しり」の方を言う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です